コーヌステレスコープ義歯

外見と機能に優れた入れ歯
~コーヌステレスコープ義歯~

外見と機能に優れた入れ歯~コーヌステレスコープ義歯~

入れ歯のイメージを聞かれた際に、「見た目ですぐに義歯だと分かる」「外れやすい」など外見や機能においてネガティブな声を聞くことは珍しくありません。しかし、入れ歯には、見た目が義歯だと分かりづらいタイプやしっかりと口腔内で固定できるタイプのものも存在します。法人のグループ内に歯科技工所を保有している赤羽歯科「新宿診療所」では、外見と機能の両面を重視する方に対して「コーヌステレスコープ義歯」を案内しています。

コーヌステレスコープ義歯とは

コーヌステレスコープ義歯とは

コーヌステレスコープは部分入れ歯の一種です。支えとなる歯に内冠を被せ、その上から義歯の内側にある外冠と合わせることで装着します。支えとなる歯の内冠と義歯内側の外冠が、まるで茶筒のような摩擦力でぴったりと固定されるため、安定感は抜群。一般の部分入れ歯のように金属のバネが目立つこともありません。保険適用ではなく自由診療のみとなりますが、見た目が良くなるのはもちろん、治療後の歯の健康を維持するためにも有効な方法です。

コーヌステレスコープ義歯のメリット

見た目が自然 一般的な入れ歯とは異なり、歯を固定するためのバネが見えない構造になっています。入れ歯を装着した際の見た目の違和感があまりなく、自然な仕上がりが特徴です。
長持ちする 土台の歯にトラブルが生じた際、その部分を治療して再び土台を取りつけることで入れ歯を再作製せずに済むケースもあります。そのため、義歯を長く大切に使うことができます。
歯の寿命が延びる 残っている歯をしっかり固定することができるため、歯周病などでぐらついている歯の延命にもつながります。
清潔に使える 土台となる歯は内冠を被せることで筒状となるため、非常に清掃がしやすくなります。こまめにケアを施すことで長く清潔に使うことも可能です。

コーヌステレスコープ義歯と保険入れ歯の違い

コーヌステレスコープ義歯と保険入れ歯の違い

コーヌステレスコープ義歯は、従来の保険適用の入れ歯とは装着方法も治療の仕方も異なります。保険適用の場合、比較的費用は抑えられますが、機能面で不十分なことも多々あります。両者の特徴を比較しつつ、ご自身が納得する入れ歯を使用することが重要です。


コーヌステレスコープ義歯

  1. 入れ歯がしっかり固定されてはずれにくい
  2. 硬い食べ物でもしっかり噛むことができる
  3. 入れ歯が固定されて動かないため、歯周病などでグラつく歯を失いづらい
  4. 歯に固定する金属のバネがないので、見た目が自然
  5. 保険適用外のため、費用が比較的高価に

保険適用の入れ歯

  1. 固定されているが入れ歯がはずれやすい
  2. 噛むと入れ歯が動くため、義歯と歯ぐきの間に物が入る
  3. 入れ歯が動きやすいため傷むのが早く、歯を失いやすい
  4. 歯にかけるバネが金属のため、目立つ
  5. 保険適用内での対応で比較的安価で治療できる

患者さんのご要望に沿った入れ歯を提供します

患者さんのご要望に沿った入れ歯を提供します

赤羽歯科「新宿診療所」では、法人のグループ内に歯科技工所を保有しています。歯科技工所内は各課に分かれており、それぞれが専門的な歯科技工物の製作に努めています。そのため、当院では他社の歯科技工所に外注して入れ歯や被せ物を作るという手間がかかりません。患者さん一人一人に合った入れ歯をオーダーメイドで作製しています。

また、一般的な歯科技工所では1つの歯科技工物を複数人で分担して作製することが多いようですが、当院では1つの歯科技工物を最初から最後まで一人の担当者が仕上げるスタイルです。こうした担当制によって、患者さんのお口の状態を十分に反映した歯科技工物を作ることができるのだと考えています。症例によっては、歯科技工士が直接患者さんの口腔内を見たうえで入れ歯を製作することもあります。精度の高い入れ歯が当院の強みです。