虫歯治療・根管治療

歯の痛み・違和感がある際の対応 ~虫歯治療・根管治療~

歯の痛み・違和感がある際の対応~虫歯治療・根管治療~

お口の病気の代表と聞かれて、ほとんどの方がイメージするのが虫歯でしょう。虫歯は初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどない病気です。そのたため、痛みが気になり始めるころには重度にまで進行していることも少なくないのです。赤羽歯科「新宿診療所」では、初期虫歯から根管治療が重症化した虫歯まで対応しています。できるだけ歯を残す治療を重視しています。

虫歯と原因

虫歯と原因

虫歯とはお口の中に棲みついた細菌が原因で起こる感染症です。さまざまな条件が重なることで重度にまで進行していきます。そのため、虫歯の原因を知り、予防につなげましょう。虫歯対策はとにかく「早期発見・早期治療」が大切です。

虫歯菌 歯垢に棲みついた虫歯菌が直接の原因となります。菌を排除することが予防のファーストステップです。 お口の中の糖分 食後のお口に残った糖分を栄養源として虫歯菌が歯を溶かす酸を作ります。
ブラッシング ブラッシングが不足しているとそこから虫歯菌が繁殖します。そのため、ケアを怠らないようにしましょう。 抵抗力 もともとの抵抗力が低いと、虫歯になりやすくなります。そのため、日ごろから健康には気をつけましょう。

虫歯の進行段階+治療法

C0 ごく初期の虫歯
C0 ごく初期の虫歯
症状 歯の表面が溶けて白く濁っている状態です。この時点では歯に穴は空いていないため、痛みなどの症状はありません。
治療方法 ごく初期の場合に限定で、適切なブラッシングやフッ素塗布で治癒することがあります。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯
症状 歯の表面が溶け、黒ずみ始めた状態です。激しい痛みはないものの、冷たい物や温かい物がしみることがあります。
治療方法 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で装填して治療します。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯
症状 歯の内部にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになります。
治療方法 虫歯菌に冒された部分を削り、被せ物を装着することで歯の機能を補います。
C3 神経まで達した虫歯
C3 神経まで達した虫歯
症状 歯の神経まで虫歯が進行した状態です。常にズキズキと激しく痛むようになります。
治療方法 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰め、最終的に被せ物をする根管治療を行います。
C4 歯根まで達した虫歯
C4 歯根まで達した虫歯
症状 歯の大部分が溶け、歯根まで虫歯に冒された状態です。神経が壊死しています。
治療方法 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後は入れ歯やブリッジ、インプラントなどの補綴治療で失った歯の機能を回復させます。

赤羽歯科「新宿診療所」のオーダーメイドの虫歯治療

赤羽歯科「新宿診療所」のオーダーメイドの虫歯治療

赤羽歯科「新宿診療所」のきめ細やかな虫歯治療
当院の虫歯治療では、可能な限り神経や歯質を残し、患者さんのQOL(生活の質)を損なわない治療を心がけています。そのため、再発を防ぎ、治療後も長持ちするかを重視して、治療をご提案しています。お口の状況に同じものはありません。ですから、一人一人に合ったオーダーメイドの虫歯治療こそが重要なのです。
当院の法人グループ内には歯科技工所を完備しており、入れ歯や詰め物、被せ物などの補綴物を内製します。外注では実現できない、きめ細やかな虫歯治療を可能にしました。また、一般歯科では、高機能の義歯製作にも対応。ご要望に応じて、診療に歯科技工士が同席することもできます。
患者さんに寄り添った歯科医療を目指すからこそ、一人一人に合うオーダーメイドの治療をご提供してまいります。

歯の神経まで虫歯が到達した際の根管治療とは?

歯の神経まで虫歯が到達した際の根管治療とは?

「根管治療(こんかんちりょう)」とは、虫歯の進行によって歯の神経まで細菌感染してしまった場合に行う専門的な治療法です。歯の神経が入っている管(根管)から虫歯によって汚染された組織を除去し、内部を消毒して薬を詰め、被せ物で塞ぐことで噛む機能を補います。本来なら抜歯しなければならないほど重度の虫歯でも、根管治療を行うことで歯の根を残せる可能性も。当院では、最新機器を活用した安全・安心な根管治療を行っています。

安全性の高い根管治療

安全性の高い根管治療

根管治療を行っても、虫歯菌に冒された神経が歯の中に残ってしまうと、治療後に再発するリスクがあります。そのため、根管治療では可能な限り神経を残さず取り除かなければなりません。当院では、再発のリスクを減らし安全性を高めるために、1回の診療時間をしっかりとって治療にあたっています。
レントゲンとは異なり、患部を立体的な3D画像で映し出せる「歯科用CT」で撮影して根管内の状態を正確に把握します。歯の形や顎の骨の状態、血管の位置まで正確に把握できるため、精密な診断が可能になりました。
歯科用CTは矯正治療に欠かせないセファログラム(頭部のX線写真)撮影も行えるため、正確な診断が重要なインプラント治療でも使用しています。
また、感染防止対策として、ラバーダムという器具を採用。治療する歯以外をゴムで覆うことで、治療中の歯と根に細菌が含まれた唾液や浸出液を触れさせません。安全性の高い根管治療は当院にお任せください。

根管治療の流れ

STEP 01感染した神経の除去

歯に穴をあけて、そこから虫歯菌に汚染された神経を除去します。

STEP 02根管の洗浄・消毒

神経を除去した部分を丁寧に洗浄し、その後消毒します。汚染された組織がなくなるまで、何度も行います。

STEP 03薬剤を詰め、根管の密閉

神経のあった箇所に隙間ができないように薬剤を詰めます。この際に隙間が空かないようにしっかりと密閉します。

STEP 04支台の構築

薬剤で充填できたら、被せ物を装着するための支台を立てます。

STEP 05被せ物の装着

支台の上からフタをするように被せ物を取りつけて治療完了です。