お知らせ

あなたもインプラント周囲炎になってるかも、、、インプラント周囲の磨き方について‼現役歯科衛生士が教えます!

2021.6.07

こんにちは。

新宿、西新宿、都庁前の歯医者「医療法人社団歯友会 赤羽歯科 新宿診療所」の歯科衛生士 空閑です。

本コラムではインプラント周囲のブラッシング方法についてお伝えしたいと思います。

 

インプラント周囲炎とは?

皆さんはインプラントをご存じですか??

インプラントは簡単に説明すると、人工の歯の根っこを埋めて作る被せ物です。

詳しくはこちら!!ここに→インプラントってなに?

インプラントの周りにはプラーク(細菌の塊)が溜まりやすく放置しておくとインプラント周囲炎という病気になります。

そうならない為にインプラントのブラッシング方法を現役歯科衛生士が皆様にお伝えできればと思います!

歯ブラシの選択

一般的な歯ブラシとは違ってインプラント専用の歯ブラシがあるのをご存じですか??

インプラント専用歯ブラシはブラシの形状が凹型です。

ブラシの毛先にくぼみがあることによって、歯の膨らみが強いインプラントの周囲の溝にしっかりアプローチしてくれます。

硬さは毛先が細く柔らかいものを選んでください。

 

 

ブラッシング方法

皆さんは一番磨き残しが多い場所はどこかわかりますか?

 

答えは、歯と歯茎の境目と歯と歯の間。

クリーニングにいらっしゃるほとんどの患者さんに多い磨き残し部位です。

磨き残しがあることによって、歯についている汚れが歯茎の中に侵入し歯周病の原因となります。

歯と歯茎の境目は、歯ブラシの毛先を斜め45度の角度と135度の角度で当て小刻みに動かしましょう。

歯と歯の間はフロス(糸)や歯間ブラシを使用して下さい。

インプラント周囲の歯間ブラシは、しっかりと歯の膨らみに合わせて色々な方向に当ててください。

ブリッジのかぶせ物が入っている歯にはスーパーフロスという特殊な糸がお勧めです!!!

使い方がわからない場合は、赤羽歯科では歯間ブラシのサイズ合わせ、スーパーフロスの使い方を歯科衛生士がしっかりと教えます。

是非クリーニングにいらしてくださいね‼健康で強い歯を保ちましょう!

まとめ

以上がインプラントを長持ちさせる歯ブラシの仕方です!

 

歯ブラシの方法に不安がある方、インプラントが気になる方は是非一度当院にお越しください!

インプラント、クリーニングのことなら新宿、西新宿、都庁前の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所」

新宿駅西口から 徒歩6分
東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線西新宿駅から 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線 都庁前駅から 徒歩3分

監修者情報

院長・歯科医師

奥田

陽介

2002年4月 東京歯科大学 歯学部 卒業
2004年7月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所 勤務
2016年4月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所 院長就任

医療法人社団歯友会 インプラントセンター 所属

一般的な虫歯や歯周病の治療だけでなくインプラントやセラミック、ホワイトニングなど幅広い症例に対応。治療を受けた方が笑顔で快適な生活を送れるよう、一人一人の患者さんに向き合ったオーダーメイドの治療を心がけています。 また、歯や口腔内に特にお悩みやトラブルがない方でもどうぞご来院ください。当院では虫歯や歯周病を未然に回避する予防にも力を入れています。一人一人に合ったメンテナンスプログラムを作成しますので、これからお口のケアを始めようという方もぜひいらしてください。