お知らせ

インプラント 付属治療(GBR )

2020.12.14

目次

こんにちは。
新宿、西新宿、都庁前の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所」院長の奥田です。
今回は、インプラントをお考えの方に向けて記述いたします。

GBR (骨造成・骨誘導再生法) 

GBRとは、感染などにより減少した骨の再生を促す治療です。インプラントをいれる場所の骨の量が足りない場合、自家骨や人工骨を使用し、補填していきます。必要に応じて、生体材料の人工膜で覆います。人工膜は、歯肉などの組織が、骨の中に入り込み、骨組織の再生を阻害することを防ぎます。その後、半年程度、刺激を与えないようにし再生を待ちます。

GBRのデメリット

GBRを行うと、治療期間が長くなります。一般的に、インプラントの治療期間は2,3か月とされています。GBRは、それだけで6か月程度はかかります。GBR併用のインプラント治療になると8か月以上かかってしまうことがあります。また、骨を移植する外科治療になりますので、感染のリスクもあります。術後の痛みや、腫れも出ることがありますが、投薬により緩和させることが可能です。

自家骨、人工骨とは

自家骨とは、自分の骨を患部以外から採取して使用するものです。自分の骨なので、生体の拒否反応が起こりにくく安全度が高い処置ですが、自分の他の部位から採取をする際、侵襲を加えることになることがデメリットになります。
人工骨とは、自分以外の骨を使用します。代表的なものには、HA(ハイドロキシアパタイト)・Bio-oss(バイオース)・βーTCP(βーリン酸三カルシウム)があります。
HA:歯を構成している成分と同じものです。
Bio-oss:牛の胎児由来の骨をですが、細菌をすべて処理していますので安全です。
βーTCP:優れた生体親和性をもつ材料で、アパタイトセラミックスで構成されています。

インプラント治療との併用

実際の臨床では、自家骨のみでは、補填する量に限界があるため、自家骨と人工骨を混ぜて使用することがあります。赤羽歯科 新宿診療所では、症例に応じて選択していきます。詳しくは担当医が説明しますので、ご相談ください。

インプラント治療でお悩みの方は是非当院までご相談ください。

インプラントのことなら新宿、西新宿、都庁前の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所」

新宿駅西口から 徒歩6分
東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線西新宿駅から 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線 都庁前駅から 徒歩3分

監修者情報

院長・歯科医師

奥田

陽介

2002年4月 東京歯科大学 歯学部 卒業
2004年7月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所 勤務
2016年4月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所 院長就任

医療法人社団歯友会 インプラントセンター 所属

一般的な虫歯や歯周病の治療だけでなくインプラントやセラミック、ホワイトニングなど幅広い症例に対応。治療を受けた方が笑顔で快適な生活を送れるよう、一人一人の患者さんに向き合ったオーダーメイドの治療を心がけています。 また、歯や口腔内に特にお悩みやトラブルがない方でもどうぞご来院ください。当院では虫歯や歯周病を未然に回避する予防にも力を入れています。一人一人に合ったメンテナンスプログラムを作成しますので、これからお口のケアを始めようという方もぜひいらしてください。