お知らせ

歯科恐怖症(歯科治療が苦手な方)

2020.7.21

こんにちは。
新宿、都庁前の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所」院長の奥田です。
今回は“歯科恐怖症(歯科治療が苦手な方)”に向けて記述いたします。

誰でも歯科治療は苦手

歯科治療は、患者さんは目で見ることができないことが多いです。ですから、必然的に恐怖心も強くなります。ひとにより個人差はありますが、診療台に座れない方、さらには診療室に入るだけで気分が悪くなる方もいます。このように歯科治療を受けたくても受けられない程の恐怖心を抱いてしまうことを、歯科恐怖症としています。

安心して治療を受けて頂く

赤羽歯科 新宿診療所では、安心して治療を受けて頂くために、十分な説明と先生と患者さんのコミュニケーション、信頼関係の構築を重要視しています。いかに安心して治療を受けて頂けるかは、治療技術と同じくらい重要なことと考えています。

それでも不安な方には

それでも不安な方には、笑気ガスを使用した診療も行っています。笑気ガスとは、亜酸化窒素ともよばれています。陶酔させる作用があり、歯科治療に対する不安が軽減されます。使用した患者さんの中には、お酒お飲んだ時のような気分とか、ふあふあした気分などと表現される方が多いです。多くの歯科恐怖症の患者さんが不安なく治療を受けることができています。

笑気ガスには

笑気ガスには、麻酔効果もあります。痛みは、不安を増大させますので、赤羽歯科 新宿診療所では、痛みをコントロールした診療を行ない、恐怖心を軽減する対策をしています。また、笑気ガスには、嘔吐反射(口の中に物が入ると気持ち悪くなる)を抑制する効果もあります。歯科治療の型取りの際、嘔吐反射のため、治療が困難な場合も笑気ガスを使用して診療が可能になることがありますので、あわせてご相談下さい。

笑気ガスの治療費は

笑気ガスは、健康保険が適用されます。通常の保険診療に笑気ガスの診療費を加算し治療費とされます。30分の使用で3割負担の方の場合500円程度の負担になります。使用方法は、鼻から吸引して頂きます。注射などによる点滴投与ではなく、酸素と共に鼻から吸引することにより効果があらわれます。治療後は、笑気ガスの吸引を中止し数分すれば、問題なく通常の状態にもどり帰宅することが可能です。

歯科治療に不安があれば

赤羽歯科 新宿診療所では、歯科恐怖症や嘔吐反射、痛みに弱いなどの診療に不安のある方に、痛みのない麻酔や笑気ガスを使用することにより、安心して歯科治療を受けて頂けるようにしていますので、不安のある方はご相談下さい。

歯科恐怖症でお悩みの方は是非当院までご相談ください。
歯科恐怖症のことなら新宿、都庁前の歯医者「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所」

新宿駅西口から 徒歩6分
東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線西新宿駅から 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線 都庁前駅から 徒歩3分